読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【エヴァ】懐かしいアニソンの韓国語版を聴いてみた【キューティーハニー】

 

RE cutie Honey 38979 vn0

 

こんにちは!

最近突然アニソンを聴くことにハマっています。しかもかなり古いやつ。昔のアニソンの、そのアニメの為だけに作られた感が好きなんです。

 

で、今回はそんな日本の古く懐かしいアニソン達が韓国でどのような歌詞で、どのような声で歌われているのか気になり韓国語の勉強ついでに色々調べてみました!

 

 

キューティーハニー主題歌「キューティーハニー

 

初っ端からめっちゃ古い!何度も色んな形でリメイクされた伝説的作品です。初代の放送は1973年ということでなんと今年で44年周年!それでもなお、セクシー美少女アニメの先駆けとして幅広い世代に認知され続けています。凄すぎ。

 

そんなアニメ、キューティーハニーの日本語版、つまり原曲の主題歌がこちら。タイトルもそのままキューティーハニー

 


キューティーハニー_op

 

www.kasi-time.com

 

 「だってなんだか、だってだってなんだもん」っていう歌詞が天才的だと昔から思ってるんですが私だけでしょうか?(笑)言葉としては意味不明なのになんだか聴き手に伝わるものがあります。こんな言葉歌詞の中に入れるなんて絶対凡人には思いつかないですよね。曲の中で歌われている魅力的で小悪魔〜な女性像は、この歌詞によって成立しているといっても過言じゃない!と思ってます。

 

この曲は2006年、シュガーというアイドルグループのメンバー「アユミ」によってカバーされています。

 


Ayumi(아유미) - Cutie Honey(큐티허니) 20061001 Inkigayo

 

このアユミという方、日本ではICONIQ(アイコニック)という名前で知られています。私と同世代(20代)くらいの方ならご存知なのではないでしょうか?坊主頭で出演していた資生堂のCMは印象的でした。

 

この曲ですが前川陽子が歌った原曲のカバーでは無く、倖田來未が2004年にリリースしたカバー曲をカバーした曲となっております。わかりにくい。倖田來未が歌うより可愛らしいかんじに仕上がっています。

 

韓国語版歌詞をこちらのサイト様が翻訳して下さっているので、掲載させて頂きます。

kozu127.blog99.fc2.com

 

歌詞が原曲のままの部分も多く上手く訳してるなあという印象。大好きな「だってなんだかだってだってなんだもん」の部分も原曲と似た音の言葉を使ってくれてて違和感なく聴けました!私としてはここが本当に重要なんです。

 

実はこの曲を歌うアユミ、日本で生まれ育った在日韓国人です。なので韓国語の発音は完璧ではなく、この曲の歌詞の発音も韓国人が聴くと違和感があるらしいです。たしかに歌詞の中の「ハート」とか「ハニー」の発音はヘタクソな韓国語しか話せない私が聞いても日本人の発音だなあと思います。でもそれが個性となって耳に残る歌になっているのかもしれませんね。

 

 

新世紀エヴァンゲリオン主題歌「残酷な天使のテーゼ

 カラオケに行ったら必ず誰かが歌う曲、高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」も韓国語で歌われています。曲のリリースは1995年と、こちらも22年も前の曲になっています。

 


Evangelion Opening

www.kasi-time.com

 

放送当時、フラッシュカットを多様したり画面いっぱいに製作者の名前を表示する斬新な演出が話題になったそうです。今見てもカッコイイ!難解なアニメの内容と神話的な曲の雰囲気がめちゃくちゃ合っていますが、結構色々うやむやなまま制作された曲らしいです(笑)

 

これ、すごく面白いので読んでみて下さい。

matome.naver.jp

 

そして韓国語版ですね。韓国で放送されたエヴァの主題歌として歌われ、최 향윤(チェ・ヒャンユン)という方が歌っております。韓国語タイトルは「소년이여 신화가 되어라(少年よ 神話になれ)」。

 


소년이여 신화가 되어라

 

歌詞を簡単に訳すとこんな感じです。↓

 

勇敢な貴方、天使の共に少年よ神話になれ

冷たい風が吹いて 胸をかすめていっても

私達には夢があるから孤独じゃない

平和を守るため

正義 正義のため運命も拒否する魂よ

いつかは語る 真実を語るようになる

遠い未来に向かって勇者達が突進する 勇者達

今日 暗い空にまばゆく輝け

 

青い空を描きながら夢を見るね

少年よ神話になれ(×3)

 

赤い文字で書いたところがサビの「♪残酷な天使のテーゼ~」以降の部分に当たるんですがなんとサビ中ずっと赤字部分の歌詞を繰り返します。斬新!!思わず聴きながら「えっ」と言ってしまいました。

 

歌詞や音の並びに特別違和感があるわけではないんですが(無いわけでもない)、歌い方が何かすっごい違和感ありますね!あまり日本の曲の中では聴かない抑揚を感じます。やっぱり歌手の歌い方も国によって色々あるんですね。この曲、韓国以外にも様々な国でカバーされでいるので色々聴いてみても面白いかもしれません。

 

やっぱり原曲が一番!だけど・・・

 

今回この2曲以外にも色々聴いてみてやっぱり原曲が一番いい!という結論にたどり着いたわけですが、そりゃ小さい頃から聴いてるわけですから当たり前ですね!でも調べてみて、言語以外にも色んな部分で国の特色が出てて面白かったです。色んな国でカバーされ、日本のアニメソングがその国の人たちの懐かしい曲となっていると思うとなんだか不思議です。

 

書いてたら久しぶりにアニメを見たくなってきました~。最後まで読んでいただきありがとうございました。