2016年聴きまくったKpopソングBest3

 

 こんにちは!シオリです!

ちょっとお久しぶりの更新になります。

 

みなさんKpopって聴きますか?私は高校生くらいのころに出合ったf(x)というアイドルグループにハマって以来色んなKpopの曲をよく聴きます。語学勉強を始めてからは特にジャンルに拘らず色々聴くようになりましたね。

 

ということで今回は2016年に私が聴きまくったKpopソングBest3を紹介したいと思います!時期的にとても中途半端ですが(笑)どうしても1位の曲をおすすめする場がほしかったので書いちゃいます!

 

 

3位:여자친구(GFRIEND)・너 그리고 나 (NAVILLERA)

 

너 그리고 나 NAVILLERA
GFRIEND
¥ 250

 

発売日:2016年7月11日

2015年にデビューした6人組ガールズグループ。

タイトルの日本語訳は「あなた、そして私」

初のフルアルバムLOLに収録されています。

 

THEアイドル!な曲をキレキレなダンスとはんぱない歌唱力で歌うのが特徴(私の主観)なヨジャチングの夏歌が3位です。とにかくキャッチー!そしてなんとなく日本のアニメソングを彷彿とさせるような曲調。普段Kpopを聴かない方にも是非おすすめしたい一曲です。

 

「ナ、ナ、ナ、ナビレラ♪」ていう歌詞が特徴的ですね。サビにあるわけでもないのにとっても耳に残ります。この「ナビレラ(나빌레라)」ていう言葉ですが、メンバー・ソウォンによると韓国の詩人チョ・ジフンの詩の中に出てくる言葉を引用した歌詞で「ヨジャチングが蝶のように飛んでいけるように」という思いがこもっているそうです。

 

この曲はPVも何回も見ましたね。何故かってボブヘアのウナちゃんが可愛すぎたからです。この曲からトレードマークのロングヘアを切ってボブヘアにしたウナちゃん。あまりにも可愛くて私も真似して髪をバッサリ切ってしまいました(笑)

 

 

 

 これは割と最近の写真ですね。やっぱり可愛い・・・!ロングの時はお嬢様感が強すぎてこの可愛さに気付けませんでした。髪型って大事ですね!

 

なんだかウナちゃんのことばかりになってしまいましたが(笑)

前曲시간을 달려서(時を駆けて)から個人的に大注目中のヨジャチング。歌詞に使われる単語も結構普段の会話で使うような単語が多いので私は韓国語を勉強する際によく聴いてます。

 

 

2位:Wonder Girls・Why So Lonely

 

 
Why So Lonely
ワンダーガールズ
¥ 250

 

発売日:2016年7月5日

2007年デビュー、現在は4人組として活動中。

JYPエンタ所属。GAT7やTwice、missAの先輩にあたります。

 

Kpopアイドルブームの先駆け的存在、Wonder Girlsの曲。こちらも夏発売の曲ですね。この曲、正直最初はそこまでピンとこなかったんです。ていうか2016年にWonder Girls?みたいに思ってました。(すみません)でもこれ、聴けば聴くほどハマる中毒曲です。

 

メンバー自身が作詞、作曲を手がけたサイケデリックで気だるいレゲエソングです。曲を聴くだけで夏の日差しと蒸し暑さを思い出させますね。バンド演奏もメンバー自身がしていてとにかくカッコイイ!今のWonder Girlsはこれだ!というのがハッキリ伝わってきます。それでいて以前の大ヒット曲Tell meやNo body等に見られるレトロな雰囲気を壊さないところもいいですね。

 

PVのビビットでエキセントリックな色使いもおしゃれ。

 

 

揺るぎない個性で新人アイドルグループに一切引けを取らないWonder Girls。2017年でデビュー10周年です。これからも女子達の憧れの存在でい続けてほしいですね。

 

 

1位:Ladies' Code・Galaxy

 

Galaxy
LADIES' CODE
¥ 200

 

発売日:2016年2月24日

 2013年デビュー。

メンバー2名を事故で亡くし現在は3人組で活動中。

シングル「MYST3RY」収録曲。

 

2014年の事故以来、約2年ぶりのカムバック曲となるこの曲。幻想的でミステリアスな雰囲気の楽曲です。3人の声色と曲がすごくマッチしていてずっと聴き続けられます。

 

Ladies'code、名前だけは知っている方が多いんじゃないでしょうか?日本出身のメンバー・リセと明るく可愛いビジュアル担当、ウンビの2名が亡くなった交通事故は当時日本のニュース等でも放送されるほど話題になりました。元々大好きだったLadies'code。中でも日本出身のリセちゃんが大好きだったので当時は本当にショックでした。

 

そんなladies'codeのカムバック。歌詞の中に안녕 기다렸어(こんにちは、待ってたわ)」ていうフレーズがあるんですが「それ、こっちのセリフー!」ってなりましたよね。

 

悲劇を乗り越えて戻ってきてくれたladies'codeは以前の良さを残したまま、新たな姿を私達に見せてくれます。彼女らのヒット曲예뻐 예뻐 (pretty pretty)のファンキーでPOPなイメージとは異なりますが、hate you等で見られたダークな雰囲気はしっかり今回も残ってます!

 

聴けばすぐわかるハスキーで個性的な声質のメインボーカル・ソジョン、繊細で優しいアシュリーのボーカルも素敵ですが、個人的には末っ子、ジュニの声が本当に大好きなんです。深みのあるめちゃくちゃいい声!今回の曲みたいな落ち着いた大人っぽいメロディーが似合います。

 

「治癒三部作」として発売された一曲目となるこの曲。現在は第二段であるThe Rainまで発売されています。第三弾も楽しみです。3人が生み出す圧倒的な歌唱力と作りこまれた世界感に酔いしれて、そして時々5人時代の曲にも耳を傾けて頂ければ嬉しいです。是非是非聴いてみて下さい!